enkaku_title
line002
千歳いずみ学園>沿 革
AS172
沿 革
dotto
昭和43年 11月   精神薄弱者収容援護更生施設「千歳いずみ学園」を定員30名で開園する。
dotto
昭和48年 1月   手稲この実寮(札幌市)を定員30名で開園する。
dotto
昭和54年 10月   手稲この実寮、社会福祉法人札幌この実会として法人分離。
dotto
昭和56年 4月   千歳いずみ学園新園舎に移転。定員50名。
dotto
平成2年 4月   屋内体育館建設
dotto
平成3年 5月   最初のグループホーム「いずみ寮」事業開始。
dotto
平成5年 4月   通所部開設。定員7名。
dotto
平成5年 9月   スプリンクラー設備設置。
dotto
平成6年 4月   通所部定員増。12名。
dotto
平成7年 4月   通所部定員増。15名。
dotto
平成8年 4月   通所部定員増。19名。
dotto
平成10年 4月   新富分場開設。定員19名。
dotto
(旧千歳市手をつなぐ育成会小規模授産所)
dotto
平成11年 5月   祝梅分場開設。定員7名。
dotto
平成12年 4月   祝梅分場定員増。14名。
dotto
平成13年 10月   グループホーム「さくら荘」事業開始。
dotto
平成14年 11月   グループホーム「第二いずみ寮」事業開始。
dotto
平成15年 4月   知的障害者通所授産施設「いずみワークセンター」開設。定員30名。
dotto
平成16年 2月   グループホーム「なでしこ」事業開始。
dotto
平成16年 4月   いずみワークセンター定員増。33名。
dotto
平成18年 4月   いずみワークセンター定員増。40名。
dotto
平成20年 8月   大規模内部修繕
dotto
平成21年 4月   大規模内部修繕工事完成
・施設名称変更(障がい者自立支援法に伴い)「障がい者支援施設いずみ」(旧称:いずみ学園)
・障がい者支援センター「サポートいずみ」(旧称:通所)
・障がい者支援センター「しゅくばい」(旧称:祝梅分場)
・障がい者支援センター「しんとみ」(旧称:新富分場)
・ケアホーム「りら」開設(定員6名)
・グループホーム「うえだハウス」開設(定員6名)
dotto
平成21年 9月   清流ハウス新設。定員5名。
dotto
平成24年 12月   地域総合支援センター いずみの杜・春日 改修工事完成
・障がい者支援センター「しゅくばい」
・障がい者支援センター「しんとみ」の両通所施設を障がい者支援センター「キラリ」に統合
・サポートセンターエブリ
・共同生活介護・援助一体型事業所「いずみ寮」
・就労推進事業「やませみ」(千歳市委託事業)移転し事業開始
dotto
平成27年 11月   ・児童発達支援事業所「ぱすてる」事業開始
dotto
平成28年 4月   ・千歳市より委託を受けて、生活困窮者自立支援法に基づく生活困窮者就労準備支援事業(第二種社会福祉事業)を開始する。
  9月   ・グループホーム「第2いずみ寮」定員増6名とする。
dotto
平成29年 4月   ・グループホーム「住吉ハウス」開設(定員6名)
 
社会福祉法人 千歳いずみ学園
北海道千歳市泉郷403番地9
TEL 0123-29-2023 FAX 0123-29-2002
rev syuku_bunj.jpg next
Copyright(C)2007 社会福祉法人 千歳いずみ学園 All Rights Reserved.